これからのスポーツアナリストに必要なこと

スポーツアナリストに必要なスキル

こんにちは!わっきーです( @wakky929analyst)

私は大学卒業後、実業団でコーチ兼アナリスト、その後バレーボールの日本代表チームでスポーツアナリストを務めてきました。

最近、スポーツアナリストに興味をもっている中高生や大学生が多くなってきていますが、

  • スポーツアナリストになりたいけど今から準備できることはないか考えている人
  • 今も大学やチームでアナリストとして活動しているけど、もっとスキルアップして仕事の幅を広げたい。

そんな人に、将来的にどのようなスポーツアナリストが必要になってくるか、私なりの考えをご紹介したいと思います。

結論から言うと、次の2点を持つアナリストが将来的に重宝されると思います。

どの競技でも対応できること
●プログラミングが出来てデータ分析ができること
どういうことか、順に説明していきます。

どの競技にも対応できるスポーツアナリスト

今現役で活躍しているスポーツアナリストのほとんどは競技に特化したスペシャリストの方ばかりです。
これからは競技特化型のスペシャリストと同時に、どのような競技でも対応できるジェネラリストも必要になってくると思います。

SportsCodeが使えると競技でも応用できる!

SportsCode(スポーツコード)とは、ゲーム分析の為の分析ソフトで世界中の様々な競技で使われています。
スポーツコードはプレーデータを収集する、「タグ付け」という作業を競技に合わせてカスタマイズすることができます。
サッカーであればサッカー用、ラグビーにはラグビー用といった項目を自身で設定することができ汎用性が高いです。

バレーボールの場合、DataVolley(データバレー)という分析ソフトを使うのですが、バレーに特化した分析ソフトなので他の競技に応用が難しいです。

スポーツコードが扱える人材であれば、競技の特性・ルールを理解すれば様々な競技で応用することができるので、重宝されると思います。

スポーツコードは日本ではフィットネスアポロという会社が総代理店となっており、頻繁にセミナーを開催しているので興味のある人は参加してみるのもいいと思います。

動作解析は普遍的な優れたスキル

スポーツコードと同様に動作解析ソフトと動作分析の知見を持っていることも重要です。
競技によって体の使い方は違えど、人の構造は変わらないので、バイオメカニクスの知識は備えておいた方が良いです。
同時に、動作解析のソフトを使えると便利です。

代表的なものとしては、ダートフィッシュです。有料ソフトですが優秀なソフトで、これも様々な競技で使われています。
角度を表示したり、ボールや人の軌跡を追うことも可能で、PC版だけでなく、モバイルアプリもあるので様々なシーンで場所を選ばず使うことができます。

無料で使えるものとしては、Kinoveaが有名です。
無料であるのにも関わらず、高機能な動作分析が可能です。
ダートフィッシュは費用がそれなりに掛かってしまうので、まずはKinoveaから始めるのもいいかもしれません。
そのうちこのサイトでもKinoveaの使い方に関する記事を書こうと思います。

映像を使ってのフィードバックはどの競技でも使えますし、
百聞は一見に如かずですので、選手への効果的なフィードバックが可能になります。

プログラミングが出来るスポーツアナリスト

スポーツアナリストにもコーチング系やメディア系の方がいると以前記事で紹介しましたが、(→スポーツアナリストとはどんな仕事かを参考に)
データサイエンティストに近いスポーツアナリストがさらに需要が高まってくると思っています。

データサイエンティストが必要になる

野球のDeNAがたまにスポーツアナリストの求人をまたに出しているのを見かけますが、職務内容はデータサイエンティストに近いものでした。
特に野球やサッカーはレーダーや複数カメラで膨大な量のデータを取るので、そういったビッグデータを取り扱う職種ニーズが高まると思います。

今後スポーツではない、ビジネスの世界で活躍するデータサイエンティストがスポーツアナリストに転身することも考えられますので、
今のうちにビッグデータの取り扱いができるスポーツアナリストになれれば、この先必ず活きてくると思います。

データを可視化するスキルはとても重要

膨大なプレーデータを選手や監督・コーチに分かりやすく理解してもらうためにはデータのビジュアル化も重要です。
ビジュアル化するのに、もちろんExcelやパワーポイントといったソフトを使う手もありですが、ビジュアル化に限界があります。

今私が注目しているのは、プログラミング言語のPython(パイソン)を用いたデータビジュアライゼーションです。
Pythonは優れたプログラミング言語で、それによってデータ分析もできれば、データの可視化も可能になります。
習得すれば、スポーツアナリストのみならず、多くの一般企業からも重宝される存在になりと思います。

どうしてもスポーツの求人は一般企業の求人数と比べると少ないですので、一度でスポーツチームに採用されなくても別の企業に採用される可能性は高いです。
その後、また再チャレンジすれば良いと思います。

一歩進んだスポーツアナリストになるために

私自身、幸いなことに大卒後すぐに実業団のアナリストという職業に就くことができました。
ただ、私はバレーボール専門なので、前述したスポーツコードの使い方も分かりませんし、プログラミングもまだ習得できていません。

今後は小学生でもプログラミングが必修になったり、プログラミングに慣れた世代が出てくることを考えると、
現状に加えて、そういったスキルを身につけなければいけないと感じています。

社会人になるとなかなか学びなおしの機会がなく大変なので、私はUdemyというオンライン学習サイトで知識のアップデートをしています。

現役でスポーツアナリストをやっているとはいえ、自身をアップデートしていかなければいけないので常に学び続ける姿勢は必要かなと思います。

スポーツアナリストに興味のある方、現在勉強中の方、
この記事で紹介した2点は今後スポーツアナリストに必要になっていくでしょうし、ビジネスの世界でも応用が効きますので習得して損はないと思います!